当日配達のサービスを利用【スピード配送ガイド】

依頼前にすること

配達バイク

バイクの輸送する際には車体の傷を確認

バイクの輸送の際には、ヘルメットや車体カバーなど付属品の輸送はできませんので、注意する必要があります。また、配送会社に車体を預ける場合には、車体に傷などがないかをチェックしておく必要があります。車体の傷をチェックする際には、配送会社の担当者に立会いのうえ、デジカメ等で写真を撮っておくと効果的です。車両を引き取る際には、車体に傷がないかを確認する必要があります。その際には、事前にデジカメで撮影しておいた写真が有効となります。

一括見積りサービスを利用

バイクの輸送費は、配送会社までバイクを持ち込んだり引取りに行くことが安くすることができます。インターネット上には、バイク輸送専門会社の一括見積りサービスがあります。この一括見積りサービスでは、バイクの排気量や大きさ、輸送距離などを入力することで、簡単に複数の配送会社の見積りを取ることができます。また、車体の引取りや配達の日時を依頼者が指定しないことで、輸送費を安くすることができます。多くの配送会社では、それぞれの拠点に配送するバイクを集中させ、大型トラックでまとめて次の拠点に移送する方法を採用しています。時間的に余裕がある方は、車体の引取りや配達の日時を配送会社の都合に合わせることで、輸送費を安くすることができます。そのため、少しでも安く利用したい人は引っ越しなどが決まったらすぐに輸送業者を確認し、問い合わせをしておくと良いです。